政府補助金事業(経済産業省)


 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

経済産業省 平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」の
追加公募について

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、平成27年度事業として「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」について、以下のとおり、追加公募を行います。
1.件名と事業の内容
平成27年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業

地球温暖化防止及びエネルギー需給構造高度化のため、代替フロン等4ガスの排出削減技術の 技術実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付します。 代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の排出削減及び省エネルギー化を両立する技術の実証であって、これまで対応できなかった課題に取り組むものが対象です。
なお、平成28年度3月末日までに終了する事業を対象とします。
随時、受付、審査、交付決定を行ないます。

2.受付期間
平成27年11月19日(木)~ 随時受付
*説明会は実施しませんが、公募内容の説明等希望の場合はお問い合わせください。
3.必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領他は、以下からダウンロードできます。
4.問い合わせ先
一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 :菅原、上村、氏原(ujihara@jreco.or.jp
※業務時間(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)

経済産業省 平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」
第3回公募 採択結果

 一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、経済産業省 平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」第3回公募について、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
平成27年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業(第3回)
応募のあった3件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学 亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、3件の補助金交付先を決定しました。
平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」第3回公募 補助金交付先
※今回の採択により、今年度の公募は終了の予定です。
◆本件に関する問合せ先◆
一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 : 菅原、上村、氏原(ujihara@jreco.or.jp
お問い合せは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)に
お願いします。

経済産業省 平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」
第2回公募 採択結果

 一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、経済産業省 平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」第2回公募について、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
平成27年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業(第2回)
応募のあった1件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学 亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、1件の補助金交付先を決定しました。
平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」第2回公募 補助金交付先
◆本件に関する問合せ先◆
一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 : 菅原、上村、氏原(ujihara@jreco.or.jp
お問い合せは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)に
お願いします。

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

経済産業省 平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」の
第3回公募について

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、平成27年度事業として「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」について、以下のとおり、第3回公募を行います。
 なお、本事業は経済産業省が平成27年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画等が変更されることがあります。
1.件名と事業の内容
平成27年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業

地球温暖化防止及びエネルギー需給構造高度化のため、代替フロン等4ガスの排出削減技術の技術実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付します。
代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の排出削減及び省エネルギー化を両立する技術の実証であって、これまで対応できなかった課題に取り組むものが対象です。

2.受付期間
平成27年8月31日(月)~平成27年9月30日(水) 17時 必着
3.公募説明会
日時 : 平成27年9月10日(木)  10:30~12:00
場所 : 機械振興会館 6階  6S-2会議室
    東京都港区芝公園3-5-8 http://www.jspmi.or.jp/about/access.html
※参加を希望される方は、会社名、所属、氏名、連絡先を記入(書式自由)のうえ、
メールにて(ujihara@jreco.or.jp)お申込ください。
(公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。)
※ 説明会にご参加の際は、下記「4.必要な書類」の5点をお持ちください。
4.必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領他は、以下からダウンロードできます。
5.公募説明会の申込先および問い合わせ先
一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 :菅原、上村、氏原(ujihara@jreco.or.jp
※業務時間(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

経済産業省 平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」の
第2回公募について

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、平成27年度事業として「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」について、以下のとおり、第2回公募を行います。
 なお、本事業は経済産業省が平成27年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画等が変更されることがあります。
1.件名と事業の内容
平成27年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業

地球温暖化防止及びエネルギー需給構造高度化のため、代替フロン等4ガスの排出削減技術の技術実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付します。
代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の排出削減及び省エネルギー化を両立する技術の実証であって、これまで対応できなかった課題に取り組むものが対象です。

2.受付期間
平成27年7月7日(火)~平成27年8月6日(木) 17時 必着
3.公募説明会
日時 : 平成27年7月17日(金)  13:30~15:00
場所 : 機械振興会館 6階  6-62会議室
    東京都港区芝公園3-5-8 http://www.jspmi.or.jp/about/access.html
※参加を希望される方は、会社名、所属、氏名、連絡先を記入(書式自由)のうえ、
メールにて(ujihara@jreco.or.jp)お申込ください。
(公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。)
※ 説明会にご参加の際は、下記「4.必要な書類」の5点をお持ちください。
4.必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領他は、以下からダウンロードできます。
5.公募説明会の申込先および問い合わせ先
一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 :菅原、上村、氏原(ujihara@jreco.or.jp
※業務時間(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)

経済産業省 平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」の
公募採択結果

 一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、経済産業省 平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」について、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
平成27年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業
応募のあった1件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学 亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、1件の補助金交付先を決定しました。
平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」補助金交付先
※今回の採択での事業予算が完了しないため、今年度、再度の公募をします。
(詳細は後日)
◆本件に関する問合せ先◆
一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 : 菅原、上村、氏原(ujihara@jreco.or.jp
お問い合せは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)に
お願いします。

経済産業省 平成26年度 「代替フロン等排出削減技先導術実証支援事業」(補正予算)
第2回公募 採択結果

 一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、経済産業省平成26年度「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」(補正予算)第2回公募について、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
平成26年度 代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業(補正予算)
応募のあった1件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学 亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、1件の補助金交付先を決定しました。
平成26年度「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」(補正予算)第2回公募
補助金交付先
※今回の採択により事業予算が全て配分されたため、公募は終了とします。
◆本件に関する問合せ先◆
一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 : 菅原、上村、氏原(ujihara@jreco.or.jp
お問い合せは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)に
お願いします。

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

経済産業省 平成27年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」の公募について

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、平成27年度事業として「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」について、以下のとおりの公募を行います。
 なお、本事業は経済産業省が平成27年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画等が変更されることがあります。
1.件名と事業の内容
平成27年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業

地球温暖化防止及びエネルギー需給構造高度化のため、代替フロン等4ガスの排出削減技術の技術実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付します。
代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の排出削減及び省エネルギー化を両立する技術の実証であって、これまで対応できなかった課題に取り組むものが対象です。

2.受付期間
平成27年5月11日(月)~平成27年6月10日(水) 17時 必着
3.公募説明会
日時 : 平成27年5月20日(水)  15:00~16:30
場所 : 機械振興会館 5階  5S-2会議室
    東京都港区芝公園3-5-8 http://www.jspmi.or.jp/about/access.html
※参加を希望される方は、会社名、所属、氏名、連絡先を記入(書式自由)のうえ、
メールにて(ujihara@jreco.or.jp)お申込ください。
(公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。)
※ 説明会にご参加の際は、下記「4.必要な書類」の5点をお持ちください。
4.必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領他は、以下からダウンロードできます。
5.公募説明会の申込先および問い合わせ先
一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 :氏原(ujihara@jreco.or.jp)、菅原、上村
※業務時間(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

経済産業省 平成26年度「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」(補正予算)の第2回 公募について

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、平成26年度事業として「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」(補正予算)について、以下のとおり 第2回 の公募を行います。
 なお、本事業は、経済産業省が平成26年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画等が変更されることがあります。
1.件名と事業の内容
平成26年度 代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業(補正予算)

地球温暖化防止のため、代替フロン等4ガスの排出削減技術の技術実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付します。
代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の排出削減の実証であって、これまで対応できなかった課題に取り組むものが対象です。

2.受付期間
平成27年5月11日(月)~平成27年6月10日(水) 17時 必着
3.公募説明会
日時 : 平成27年5月20日(水)  13:30~15:00
場所 : 機械振興会館 5階  5S-2会議室
    東京都港区芝公園3-5-8 http://www.jspmi.or.jp/about/access.html
※参加を希望される方は、会社名、所属、氏名、連絡先を記入(書式自由)のうえ、
メールにて(ujihara@jreco.or.jp)お申込ください。
(公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。)
※ 説明会にご参加の際は、下記「4.必要な書類」の5点をお持ちください。
4.必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領他は、以下からダウンロードできます。
5.公募説明会の申込先および問い合わせ先
一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 :氏原(ujihara@jreco.or.jp)、菅原、上村
※業務時間(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)

経済産業省 平成26年度「代替フロン等排出削減技先導術実証支援事業」(補正予算)公募 採択結果

 一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、経済産業省平成26年度「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」(補正予算)公募について、以下のとおり、補助金交付先を決定しましたのでお知らせします
平成26年度 代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業(補正予算)
応募のあった1件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学 亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、1件の補助金交付先を決定しました。
平成26年度「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」(補正予算)公募
補助金交付先
※今回の採択での事業予算が完了しないため、再度の公募をします。
(詳細は後日)
◆本件に関する問合せ先◆
一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 : 氏原(ujihara@jreco.or.jp)、上村、菅原
お問い合せは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)にお願いします。

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

経済産業省 平成26年度「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」(補正予算)の公募について

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、平成26年度事業(補正予算)として、「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」」について、以下のとおり公募を行います。
 なお、本事業は、経済産業省が平成26年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画等が変更されることがあります。
1.件名と事業の内容
平成26年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業(補正予算)

地球温暖化防止のため、代替フロン等4ガスの排出削減技術の技術実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付します。
代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の排出削減の技術実証であって、これまで対応できなかった課題に取り組むものが対象です。

2.応募受付期間
平成27年3月10日(火)~平成27年3月24日(火) 17時 必着
なお、第2回以降は第1回の採択結果により、ホームページで再度詳細等をご案内します。
3.公募説明会
日時 : 平成27年3月17日(火) 13:00~14:30
場所 : 機械振興会館6階 6S-2 会議室
    東京都港区芝公園3-5-8 http://www.jspmi.or.jp/about/access.html
参加を希望される方は、会社名、所属、氏名、連絡先を記入(書式自由)のうえ、メールにてお申込ください
※公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。
4.必要な書類他
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領他は、以下からダウンロードできます。
5.書類の提出先および問合せ先
一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 :氏原(ujihara@jreco.or.jp)、菅原、上村
お問い合せは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)にお願いします。

経済産業省 平成26年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」の第2回公募 採択結果

 一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、経済産業省 平成26年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」第2回公募について、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
平成26年度 省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業(第2回)
応募のあった4件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学 亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、4件の補助金交付先を決定しました。
平成26年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」第2回公募
補助金交付先
※今回の採択により事業予算が全て配分されたため、今年度の公募は終了とします。
◆本件に関する問合せ先◆
一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 : 菅原、氏原(ujihara@jreco.or.jp)、上村
お問い合せは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)にお願いします。

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

経済産業省 平成26年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」の第2回 公募について 

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、平成26年度事業として「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」について、以下のとおり 第2回 の公募を行います。
 なお、本事業は、経済産業省が平成26年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画等が変更されることがあります。
1.件名と事業の内容
平成26年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業

地球温暖化防止及びエネルギー需給構造高度化のため、代替フロン等4ガスの排出削減技術の技術実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付します。
代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の排出削減及び省エネルギー化を両立する技術の実証であって、これまで対応できなかった課題に取り組むものが対象です。

2.受付期間
平成26年7月1日(火)~平成26年7月31日(木) 17時 必着
3.公募説明会
日時 : 平成26年7月11日(金)  15:00~16:30
場所 : 機械振興会館6階 6D-3会議室
    東京都港区芝公園3-5-8 http://www.jspmi.or.jp/about/access.html
※参加を希望される方は、会社名、所属、氏名、連絡先を記入(書式自由)のうえ、
メールにて(ujihara@jreco.or.jp)お申込ください。
(公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。)
4.必要な書類他
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領他は、以下からダウンロードできます。
5.公募説明会の申込先および問い合わせ先
一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 :氏原(ujihara@jreco.or.jp)、菅原、上村
※業務時間(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)

経済産業省 平成26年度「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」および「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」の公募採択結果

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、経済産業省 平成26年度「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」および「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」について、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
【1】平成26年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業
応募のあった4件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学 亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、3件の補助金交付先を決定しました。
平成26年度「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」補助金交付先
※今回の採択により事業予算が全て配分されたため、今年度の公募は終了とします。

【2】平成26年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業
応募のあった5件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学 亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、5件の補助金交付先を決定しました。
平成26年度「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」補助金交付先
※今回の採択での事業予算が完了しないため、今年度、再度の公募をします。
(詳細は後日)

◆本件に関する問い合せ先◆
一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 :氏原(ujihara@jreco.or.jp)、上村
お問合わせは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)にお願いします。

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

経済産業省 平成26年度「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」および「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」の公募について 

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、平成26年度事業として、「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」及び「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」について、以下のとおり公募を行います。
なお、本事業は、経済産業省が平成26年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画等が変更されることがあります。
1.件名と事業の内容
【1】平成26年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業

地球温暖化防止のため、代替フロン等4ガスの排出削減技術の技術実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付します。
代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の排出削減の技術実証であって、これまで対応できなかった課題に取り組むものが対象です。

【2】平成26年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業

地球温暖化防止及びエネルギー需給構造高度化のため、代替フロン等4ガスの排出削減技術の技術実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付します。
代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の排出削減及び省エネルギー化を両立する技術の実証であって、これまで対応できなかった課題に取り組むものが対象です。

2.応募受付期間
平成26年4月7日(月)~平成26年5月9日(金) 17時 必着
なお、第2回以降は第1回の採択結果により、ホームページで再度詳細等をご案内します。
3.公募説明会
日時 : 平成26年4月18日(金) 
【1】代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業       13:00~14:30
【2】省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業  15:00~16:30
場所 : 機械振興会館6階 6D-4会議室
    東京都港区芝公園3-5-8 http://www.jspmi.or.jp/about/access.html
参加を希望される方は、会社名、所属、氏名、連絡先を記入(書式自由)のうえ、メールにてお申込ください。
※公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。
4.応募に必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
5.書類の提出先および問合せ先
一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 :氏原(ujihara@jreco.or.jp)、松田、上村
お問合わせは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00、13:00~17:00)にお願いします。

平成25年度(第3回)代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業の公募結果について

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)は、平成25年度の「(第3回)代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」について公募を行い、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
1.事業の内容
京都議定書第二約束期間の対象ガスを含む代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の先導的な排出削減技術の現場実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付するものです。
(公募期間:平成25年9月27日(金)~平成25年10月29日(火))
2.補助金交付先決定について
応募のあった1件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、1件の補助金交付先を決定しました。
平成25年度 「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」
代替フロン補助金交付先
なお、今回の採択により、今年度の公募は終了といたします。
3.本件に関する問合せ先
一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館406-2
TEL 03-5733-5311  FAX 03-5733-5312
担当 : 松田、氏原  (ujihara@jreco.or.jp)

平成25年度(第2回)代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業の公募結果について

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構は、平成25年度の「(第2回)代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」について公募を行い、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
1.事業の内容
京都議定書第二約束期間の対象ガスを含む代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の先導的な排出削減技術の現場実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付するものです。
(公募期間:平成25年7月29日(月)~平成25年9月13日(金))
2.補助金交付先決定について
応募のあった3件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、3件の補助金交付先を決定しました。
平成25年度 「(第2回)代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」
代替フロン補助金交付先
なお、現在、今年度第3回の公募を実施中(公募期間:平成25年9月27日(金)~平成25年10月29日(火))です。
3.本件に関する問合せ先
一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 松田、氏原  (ujihara@jreco.or.jp)

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

平成25年度(第3回)代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業の公募について

一般社団法人オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)は、平成25年度事業として、第3回の代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業について、以下のとおり公募を行います。
1.件名
平成25年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業
2.事業の内容
京都議定書第二約束期間の対象ガスを含む代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の先導的な排出削減技術の現場実証事業を行う者に対して、補助金を交付する事業で、下記の2分野が対象となります。(省エネルギーによるCO2排出削減の技術実証事業は除きます)
主な対象分野:
代替フロン等4ガスの排出を削減するための設備・システム等の技術実証事業であって、本事業の成果として事業終了から5年後の年度末までの間に代替フロン等4ガス排出削減効果が見込まれるもの
その他対象分野:
代替フロン等4ガスを含有する製品からの代替フロン等の排出を削減するための設備・システム等の技術実証事業であって、事業終了から5年後の年度末までに使用を開始する当該事業の成果に基づく製品のライフサイクルにおいて代替フロン等4ガス排出削減効果が見込まれるもの
3.応募受付期間
第1回  平成25年5月27日(月)~平成25年6月26日(水)17時まで(終了)
第2回  平成25年7月29日(月)~平成25年9月13日(金)17時まで(終了)※延長期間含む
第3回  平成25年9月27日(金)~平成25年10月29日(火)17時まで
事業予算は第1回目、第2回目の採択事業から優先的に配分しましたが、第3回の公募を実施します。
4.公募説明会
日時 : 平成25年10月9日(水) 10:00~12:00
場所 : ホテル 機山館(東京都文京区本郷4-37-20 TEL:03-3812-1211)
    東京メトロ丸の内線・都営大江戸線「本郷三丁目」より徒歩2分
    (http://kizankan.co.jp/
参加を希望される方は、所属、氏名、連絡先を記入のうえ、FAXまたはEメールで登録をお願いします。
  (書式自由)
  公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。
5.応募に必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領は、以下からダウンロードできるほか、公募説明会においても部数に限りはありますが配布致します。
e-Radへの登録について(PDF)
6.書類の提出先および問合せ先
一般社団法人 オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 氏原 (ujijicop@aqua.ocn.ne.jp)、
    松田(matjicop@sirius.ocn.ne.jp)
お問合わせは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00及び13:00~17:00)にお願いします。

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

平成25年度(第2回)代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業の公募について

一般社団法人オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)は、平成25年度事業として、第2回の代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業について、以下のとおり公募を行います。
1.件名
平成25年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業
2.事業の内容
京都議定書第二約束期間の対象ガスを含む代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の先導的な排出削減技術の現場実証事業を行う者に対して、補助金を交付する事業で、下記の2分野が対象となります。(省エネルギーによるCO2排出削減の技術実証事業は除きます)
主な対象分野:
代替フロン等4ガスの排出を削減するための設備・システム等の技術実証事業であって、本事業の成果として事業終了から5年後の年度末までの間に代替フロン等4ガス排出削減効果が見込まれるもの
その他対象分野:
代替フロン等4ガスを含有する製品からの代替フロン等の排出を削減するための設備・システム等の技術実証事業であって、事業終了から5年後の年度末までに使用を開始する当該事業の成果に基づく製品のライフサイクルにおいて代替フロン等4ガス排出削減効果が見込まれるもの
3.応募受付期間
第1回  平成25年5月27日(月)~平成25年6月26日(水)17時まで(終了)
第2回  平成25年7月29日(月)~平成25年8月30日(金) 17時まで
第2回  平成25年7月29日(月)~平成25年9月13日(金)
事業予算は第1回目締切の採択事業から優先的に配分しましたが、第2回の応募を実施いたします。
4.公募説明会
日時 : 平成25年8月09日(金)13:00~14:30
場所 : ホテル 機山館(東京都文京区本郷4-37-20 TEL:03-3812-1211)
    東京メトロ丸の内線・都営大江戸線「本郷三丁目」より徒歩2分
    (http://kizankan.co.jp/
参加を希望される方は、所属、氏名、連絡先を記入のうえ、FAXまたはEメールで登録をお願いします。(書式自由)
  公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。
5.応募に必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領は、以下からダウンロードできるほか、公募説明会においても部数に限りはありますが配布致します。
e-Radへの登録について(PDF)
6.書類の提出先および問合せ先
一般社団法人 オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 松田、氏原  (matjicop@sirius.ocn.ne.jp)
お問合わせは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00及び13:00~17:00)にお願いします。

平成25年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業の公募結果について

一般社団法人オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)は、平成25年度の「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」について公募を行い、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
1.事業の内容
代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の排出削減と省エネルギー化を両立する技術の現場実証事業に対して、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付するものです
(公募期間:平成25年5月27日(月)~平成25年6月26日(水))
2.補助金交付先決定について
応募のあった4件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、3件の補助金交付先を決定しました。
平成25年度 「省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業」
省エネ補助金交付先
なお、今回の採択により事業予算が全て配分されたため、今年度の公募は終了とします。
3.本件に関する問合せ先
一般社団法人 オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 松田、氏原  (matjicop@sirius.ocn.ne.jp)

平成25年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業の公募結果について

一般社団法人オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)は、平成25年度の「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」について公募を行い、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
1.事業の内容
京都議定書第二約束期間の対象ガスを含む代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の先導的な排出削減技術の現場実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付するものです。
(公募期間:平成25年5月27日(月)~平成25年6月26日(水))
2.補助金交付先決定について
応募のあった1件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、1件の補助金交付先を決定しました。
平成25年度 「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」
代替フロン補助金交付先
なお、今回の採択では事業予算が完了しないため、今年度再度の公募をいたします。
3.本件に関する問合せ先
一般社団法人 オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 松田、氏原  (matjicop@sirius.ocn.ne.jp)

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

平成25年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業の公募について

一般社団法人オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)は、平成25年度事業として、省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業について、以下のとおり公募を行います。
なお、本事業は、平成25年度の政府予算に基づき実施すため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画等が変更されることがあります。
1.件名
平成25年度省エネルギー型代替フロン等排出削減技術実証支援事業
2.事業の内容
代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の排出削減と省エネルギー化を両立する技術の現場実証事業を行う者に対して、補助金を交付する事業で、下記の2分野が対象となります。
主な対象分野:
代替フロン等4ガスを含有する製品からの代替フロン等の排出を削減するための設備・システムの省エネルギー化技術実証事業であって、事業終了から5年後の年度末までに使用を開始する当該事業の成果に基づく製品のライフサイクルにおいて温室効果ガス排出削減効果※が見込まれるもの
その他対象分野:
代替フロン等4ガスの排出を削減するための設備・システム等の省エネルギー化技術実証事業であって、本事業の成果として事業終了から5年後の年度末までの間に温室効果ガス排出削減効果※が見込まれるもの
  ※温室効果ガス排出削減効果:代替フロン等4ガス排出削減量と省エネルギー効果量を合計したものとする
3.応募受付期間
第1回  平成25年5月27日(月)~平成25年6月26日(水)17時まで
第2回      ~平成25年9月30日(月)(予定)
事業予算は第1回目締切の採択事業から優先的に配分し、第1回目の採択により事業予算が全て配分された場合にはそれ以降の採択は行いません。このため、第2回は予定であり、第1回の採択結果により、8月下旬にホームページで再度詳細案内をします。
4.公募説明会
日時 : 平成25年6月06日(木)13:00~14:30
場所 : ホテル 機山館(東京都文京区本郷4-37-20 TEL:03-3812-1211)
    東京メトロ丸の内線・都営大江戸線「本郷三丁目」より徒歩2分
    (http://kizankan.co.jp/
参加を希望される方は、所属、氏名、連絡先を記入のうえ、FAXまたはEメールで登録をお願いします。(書式自由)
  公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。
5.応募に必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領は、以下からダウンロードできるほか、公募説明会においても部数に限りはありますが配布致します。
e-Radへの登録について(PDF)
6.書類の提出先および問合せ先
一般社団法人 オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 松田、氏原  (matjicop@sirius.ocn.ne.jp)
お問合わせは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00及び13:00~17:00)にお願いします。

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

平成25年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業の公募について

一般社団法人オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)は、平成25年度事業として、代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業について、以下とおり公募を行います。
なお、本事業は、平成25年度の政府予算に基づき実施すため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画等が変更されることがあります。
1.件名
平成25年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業
2.事業の内容
京都議定書第二約束期間の対象ガスを含む代替フロン等4ガス(HFC、PFC、SF6、NF3)の先導的な排出削減技術の現場実証事業を行う者に対して、補助金を交付する事業で、下記の2分野が対象となります。(省エネルギーによるCO2排出削減の技術実証事業は除きます)
主な対象分野:
代替フロン等4ガスの排出を削減するため設備・システム等技術実証事業であって、本事業の成果として事業終了から5年後の年度末までの間に代替フロン等4ガス排出削減効果が見込まれるもの
その他対象分野:
代替フロン等4ガスを含有する製品からの代替フロン等の排出を削減するための設備・システム等の技術実証事業であって、事業終了から5年後の年度末までに使用を開始する当該事業の成果に基づく製品のライフサイクルにおいて代替フロン等4ガス排出削減効果が見込まれるもの
3.応募受付期間
第1回  平成25年5月27日(月)~平成25年6月26日(水)17時まで
第2回      ~平成25年9月30日(月)(予定)
事業予算は第1回目締切の採択事業から優先的に配分し、第1回目の採択により事業予算が全て配分された場合にはそれ以降の採択は行いません。このため、第2回は予定であり、第1回の採択結果により、8月下旬にホームページで再度詳細案内をします。
4.公募説明会
日時 : 平成24年6月06日(木)15:00~16:30
場所 : ホテル 機山館(東京都文京区本郷4-37-20 TEL:03-3812-1211)
    東京メトロ丸の内線・都営大江戸線「本郷三丁目」より徒歩2分
    (http://kizankan.co.jp/
参加を希望される方は、所属、氏名、連絡先を記入のうえ、FAXまたはEメールで登録をお願いします。(書式自由)
  公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。
5.応募に必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領は、以下からダウンロードできるほか、公募説明会においても部数に限りはありますが配布致します。
e-Radへの登録について(PDF)
6.書類の提出先および問合せ先
一般社団法人 オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 松田、氏原  (matjicop@sirius.ocn.ne.jp)
お問合わせは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00及び13:00~17:00)にお願いします。

平成24年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業の公募結果について

一般社団法人オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)は、平成24年度の「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」について公募を行い、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
1.事業の内容
地球温暖化防止のため、代替フロン等3ガス(HFC、PFC、SF6)の排出削減に資する先導的な技術実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付するものです。
(公募期間:平成24年4月26日(木)~平成24年5月28日(月))
2.補助金交付先決定について
応募のあった7件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、6件の補助金交付先を決定しました。
平成24年度 「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」
補助金交付先
3.本件に関する問合せ先
一般社団法人 オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 山中、上村  (yamjicop@kind.ocn.ne.jp)

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

平成24年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業の公募について

一般社団法人オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)は、平成24年度事業として、代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業について、以下のとおり公募を行います。
なお、本事業は、平成24年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画等が変更されることがあります。
1.件名
平成24年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業
2.事業の内容
地球温暖化防止のため、代替フロン等3ガス(HFC、PFC、SF6)の先導的な排出削減技術の技術実証事業を行う者に対して、補助金を交付する事業で、下記の2分野が対象となります。
対象分野1
代替フロン等3ガスの排出を削減するための設備・システム等の技術実証事業
対象分野2
代替フロン等3ガスを含有する製品からの代替フロン等の排出を削減するための設備・システム等の技術実証事業
3.応募受付期間
第1回  平成24年4月26日(木)~平成24年5月28日(月)17時まで
第2回      ~平成24年7月30日(月)(予定)
事業予算は第1回目締切の採択事業から優先的に配分し、第1回目の採択により事業予算が全て配分された場合には、それ以降の採択は行いません。このため、第2回は予定であり、第1回の採択結果により、7月初めにホームページで再度詳細案内をします。
4.公募説明会
日時 : 平成24年5月8日(火)15:00~16:30
場所 : ホテル 機山館(東京都文京区本郷4-37-20 TEL:03-3812-1211)
    東京メトロ丸の内線・都営大江戸線「本郷三丁目」より徒歩2分
    (http://kizankan.co.jp/
参加を希望される方は、所属、氏名、連絡先を記入のうえ、FAXまたはEメールで登録をお願いします。(書式自由)
  公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。
5.応募に必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領は、以下からダウンロードできるほか、公募説明会においても部数に限りはありますが配布致します。
e-Radへの登録について(PDF)
6.書類の提出先および問合せ先
一般社団法人 オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 山中、上村  (yamjicop@kind.ocn.ne.jp)
お問合わせは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00及び13:00~17:00)にお願いします。

平成23年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業の公募結果について

一般社団法人オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)は、平成23年度の「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」について公募を行い、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
1.事業の内容
地球温暖化防止のため、代替フロン等3ガス(HFC、PFC、SF6)の排出削減に資する先導的な技術実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付するものです。
(公募期間:平成23年4月25日(月)~平成23年5月30日(月))
2.補助金交付先決定について
応募のあった5件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、4件の補助金交付先を決定しました。
平成23年度「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」
補助金交付先
3.本件に関する問合せ先
一般社団法人 オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 山中、上村  (yamjicop@kind.ocn.ne.jp)

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

平成23年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業の公募について

一般社団法人オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)は、平成23年度事業として、代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業について、以下のとおり公募を行います。
なお、本事業は、平成23年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画等が変更されることがあります。
1.件名
平成23年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業
2.事業の内容
地球温暖化防止のため、代替フロン等3ガス(HFC、PFC、SF6)の先導的な排出削減技術の技術実証事業を行う者に対して、補助金を交付する事業で、下記の2分野が対象となります。
対象分野1
代替フロン等3ガスの排出を削減するための設備・システム等の技術実証事業
対象分野2
代替フロン等3ガスを含有する製品からの代替フロン等の排出を削減するための設備・システム等の技術実証事業
3.応募受付期間
第1回  平成23年4月25日(月)~平成23年5月30日(月)17時まで
第2回      ~平成23年7月29日(金)(予定)
事業予算は第1回目締切の採択事業から優先的に配分し、第1回目の採択により事業予算が全て配分された場合には、それ以降の採択は行いません。このため、第2回は予定であり、第1回の採択結果により、7月初めにホームページで再度詳細案内をします。
4.公募説明会
日時 : 平成23年5月9日(月)15:00~16:30
場所 : ホテル 機山館(東京都文京区本郷4-37-20 TEL:03-3812-1211)
    東京メトロ丸の内線・都営大江戸線「本郷三丁目」より徒歩2分
    (http://kizankan.co.jp/
参加を希望される方は、所属、氏名、連絡先を記入のうえ、FAXまたはEメールで登録をお願いします。(書式自由)  尚、公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。
5.応募に必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領は、以下からダウンロードできるほか、公募説明会においても部数に限りはありますが配布致します。
交付規程(PDF)
6.書類の提出先および問合せ先
一般社団法人 オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 山中、上村  (yamjicop@kind.ocn.ne.jp)
お問合わせは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00及び13:00~17:00)にお願いします。

平成22年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業の公募結果について

一般社団法人オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)は、平成22年度の「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」について公募を行い、以下のとおり補助金交付先を決定しましたのでお知らせします。
1.事業の内容
冷凍空調分野において、強い温室効果を有する代替フロン等の排出削減に資する先進的な低温室効果冷媒を用いた冷凍・冷蔵、空調技術の普及のため、この技術の先導的な現場実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付するものです。
(公募期間:平成23年2月4日(金)~平成23年3月7日(月))
2.補助金交付先決定について
応募のあった13件の提案に対し、学識経験者等よりなる審査委員会(委員長:東京農工大学亀山秀雄教授)の厳正な審査を経て、7件の補助金交付先を決定しました。
平成22年度「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」
補助金交付先
3.本件に関する問合せ先
一般社団法人 オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 山中、上村  (yamjicop@kind.ocn.ne.jp)
お問合わせは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00及び13:00~17:00)にお願いします。

 ※※※ 下記 公募は終了しました ※※※

平成22年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業

一般社団法人オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)は、平成22年度事業として、代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業について、以下のとおり公募を行います。
1.件名
平成22年度代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業
2.事業の内容
冷凍空調分野において、強い温室効果を有する代替フロン等の排出削減に資する先進的な低温室効果冷媒を用いた冷凍・冷蔵、空調技術の普及のため、この技術の先導的な現場実証事業に対し、民間企業等に広く公募を行い、補助事業者を選定し、補助金を交付するものです。
3.応募受付期間
平成23年2月4日(金)~平成23年3月7日(月)17時まで
4.公募説明会
日時 : 平成23年2月15日(火)15:00~16:30
場所 : 東京ガーデンパレス「天空」(東京都文京区湯島1-7-5 TEL:03-3813-6211)
    JR中央線「御茶ノ水駅」下車、「聖橋口」より徒歩5分
    東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」
    より各徒歩5分
          (http://www.hotelgp-tokyo.com/
参加を希望される方は、所属、氏名、連絡先を記入のうえ、FAXまたはEメールで登録をお願いします。
公募説明会への出席が応募の必要条件ではありません。
5.応募に必要な書類
補助金交付申請書及び必要な添付資料を提出して頂きます。具体的には公募要領をご覧下さい。
公募要領は、以下からダウンロードできるほか、公募説明会においても部数に限りはありますが配布致します。
交付規程(PDF)
6.書類の提出先および問合せ先
一般社団法人 オゾン層・気候保護産業協議会(JICOP)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-17本郷若井ビル4F
TEL 03-5689-7981  FAX 03-5689-7983
担当 : 山中、上村  (yamjicop@kind.ocn.ne.jp)
お問合わせは、業務時間内(土日祝日を除く9:00~12:00及び13:00~17:00)にお願いします。